職場に在籍確認の電話連絡がないカードローン

在籍確認は問題ないけど、職場に電話されるのはちょっと、という方!

消費者金融のイメージは以前に比べてだいぶ良いものに変わりました。

利用者が増えているようで、借りやすくなったということでしょうか。

消費者金融を利用するということに抵抗が無くなってきて、お金を借りるというより、ATM感覚というか、銀行から自分のお金を引き出す感覚に近いものになっているようです。

内容もキャッシングや、カードローンなど、利用しやすくなっています。

とはいえ、やはりお金を借りるサービスに変わりはないので悪い印象を持つ方も多いです。

消費者金融を利用しているということで、お金に困っていると見られるのは職場ではあまり良くないです。できれば内緒で利用したいですね。

お金に困っていなくても急な出費にとても助かったということもありますから。

消費者金融を利用できる条件は働いているかどうかです。

勤務先があって、毎月一定の収入があることが前提ですので、利用する際には勤務先の詳細を伝えなければなりません。

ですから、無職の方は最初から利用できません。

ローンと同じですので、毎月の返済が可能かどうかが問われます。

在籍を確認する審査は必ずあります。

申告した勤務先の情報に誤りがないか実際に職場に電話して確認します。

ここで多くの方が思うのは、在籍確認をしてもらうのは構わないが、「職場に電話をかけてくるのはなんとか避けられないか」です。

ほとんどの場合、しっかりとした事情がない限り、電話は必ずあります。

その代わり、電話をかけてくる際に気を遣ってくれます。

消費者金融を名乗ることはありません。担当者の個人名で電話をしてきます。

一応、これで安心です。電話で勤務態度を聞かれるわけではありません。

ただ、「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれるだけです。

それでも、職場の事情で電話はどうしても避けたいという方はどうしたらよいでしょうか?

まずは申込み画面ですべての情報を入力した後に消費者金融の担当者から連絡があります。

本人確認でもありカードローンを利用する意思の確認でもある連絡になりますが、そのタイミングで職場への電話連絡が困ることについて、相談に乗ってもらうような感じで職場の事情を説明し希望を伝えましょう。

審査内容にもよりますが、問題なければ事情を汲んでくれて代替案を用意してくれるでしょう。

必ずしも全員が在籍確認の電話なしにしてもらえるわけではなりません。審査で引っ掛かるところがあれば職場への電話連絡はさけて通れない事もありますが、最初から諦める必要もないのでまずは審査の入り口で相談してみましょう。

このページの先頭へ